デザイン・施工

“きょう”の「美」を明日へ、未来へ。

当社は自社で考えたデザイン・アイデアを実現し、腕利きの京職人が集まる工務部と共に、お客様の理想に沿った不動産を創造いたします。

お客様と共に大切な不動産と真摯に向き合い最善を尽くしたい、そして広告メディアの力を通じて私たちのサービスを世界へ届けていきたい、京蘭は“きょう”の「美」を明日へ、未来へ繋げていきます。

「京蘭-KYORAN-」ブランドは、

・京職人による最高の品質管理
・宿泊運営管理業で蓄積された顧客習性データ
・不動産業で蓄積されたマーケット分析力
・広告メディア業で獲得した広告の美的センスを武器としております。

当社はデザイン力とチャレンジ精神を発揮し、一棟貸し京町家旅館のみならず、店舗、住宅、マンション等、ご所有の不動産をより最適化し、お客様のニーズにお応えいたします。

プロデュース実績

店舗

住宅

京蘭一棟貸し旅館

先端技術の導入、施工前の段階で完成型を体感できます。

各部門担当のご紹介

不動産事業部

部長

佐々木 道彦

業界歴20年を誇り、住宅とバトミントンなら何でも聞いてください。

営業

下林 健太

不動産業界で10年間経験を積み、業界の規則と発展形態に精通し、お客様に満足いただけるサービスを提供しています。

経理

紺谷 恵美子

不動産業界で多年の経験を持ち、当社の運営を 支えています。

デザイン・改装・CG-VR

デザイナー

朱 小小

デザイン部・デザイナー

クリエイター

張 馳

映画CM監督3年
メディア制作・広告会社経営5年

3DCG、ゲームエンジン

浅津 慶太

最新技術のUE5エンジンを活用して、デザインしたハウスをリアルに展示する。

施工チーム

平田 智洋

大工歴21年

高野

大工歴26年

奥田

大工歴6年

京蘭プロデュースのステップ

Steps to build a Kyoran House

★Step 1 : お見積りとコンセプト

お問合せを受け、物件の現地調査を行い、お客様のご要望や目的、お住まいの状況を詳しくお伺いします。その上で、お客様とコンセプトを決め、概算お見積もりと大まかなスケジュールを作成してご送付いたします。

★Step 2 : プロデューサーと打合せ

決められたコンセプトに基づき、当社のプロデューサーと内装及びデザインをより詳しく打合せします。ご希望のライフスタイルや、収益物件の場合はマーケット分析と収益予想等を踏まえ、デザインプランと間取り図を確定します。また、3D技術を活用して、事前に完成時のイメージを共有することも可能です。

★Step 3 : 建築士・工務部門と打合せ

お客様と打合せした内容を踏まえ、担当プロデューサーが建築士と工務部門と詳しく打合せします。建物の強度を考慮して施工工法を取り決め、各種業法(消防法、建築基準法、旅館業法、バリアフリー協議等)の対応が始まります。

★Step 4 : 施工前の準備

★内部解体工事
既存の構造躯体の状態が確認できるよう、必要に応じて壁床天井を除去します。
★現場打合せ
デザインプランに基づいて、詳細な寸法や完成後のイメージ、デザインのポイント、照明計画などを、工務部門と現場で再確認します。
★構造補強の打合せ
老朽化した部分は補修を行い、建築士の指導の下、構造上問題のある箇所については、柱の交換、添え柱の設置、梁の補強、柱間の足固め、金物や荒壁パネルの使用など、物件の状態に合わせた構造補強の方法を打合せします。

★Step 5 : 工事スタート

熟練した職人たちの手で、古くなった町家に新たな息吹きを吹き込み、生まれ変わらせます。
キッチン、バスルーム、トイレなどを改修するだけでなく、すべての電気配線、ガス管、水道管を取り替え、シロアリ予防処置をも行います。必要に応じて、断熱材や防音シートを使用し、快適な空間を作り出します。
また、伝統的な工法の特徴を尊重し、可能な限り柱や梁を魅せ、年月が増した「経年美」を生かし、建物が一つの作品となるように、工事が進んでいきます。

★Step 6 : 竣工検査

工事完了後、プロデューサーがお客様目線で物件の検査を行います。キッチンやお風呂などの設備の動作確認や、建具の開閉などを細部まで確認し、補修すべき箇所を工務部に伝達し、補修していきます。

★Step 7 : 引き渡し

お客様と日程を合わせ、完成した物件を内覧して頂き、物件を引き渡します。
ゲストハウスの場合、順次に消防検査、バリアフリー検査、旅館業の立ち合い検査が行われます。

非公開不動産情報をお求めの方は会員登録から

Join our community for more real estate information

問い合わせ Contact us

jaJA